コンフォートキルトのこと

震災から1ヶ月。

本当に長い時間が過ぎたように思います。

でも、本当の大変さはこれからなんだと思います。

離れて生活をしている私には何も出来ずにいるのですが・・・

実際のところ大変さは経験しない限りわからないことなのだと感じます。

先日、愛読しているパッチワーク通信社のHPで

コンフォートキルトを募っているとの情報が掲載されました。

4月2日のことでした。

私にも出来ることは?

動かないよりは動いたほうが良いと思いつつ何もせずに過ごす日々。

街頭に立って義援金を募る勇気はない私にもこれならばと。

コンフォートキルトとは

悲しみや落胆を和らげてもらうためのキルト。
北米では被災地の人々や児童保護施設などにボランティアのキルターが贈っています。
キルトに定義はありませんが子供用あるいは大人用で、
中綿を入れてキルティングしているもの。
(パッチワーク通信社のHPより)

早速、手元にあるガーゼの布を使ってベビーキルトを作り始めました。

パターンは、繋がる・・・の意味をこめてスプールを選びました。

シンプルに、サイズを大きめにセッティングしてふっくらとしたキルトになるように。

あれから、10日。

完成しました。サイズは1m正方です。

f0149456_021484.jpg


f0149456_0212199.jpg


準備を整えて贈りたいと思います。

少しだけ気持ちが軽くなったような気がします。

今日はおやすみなさい。。。

明日も又日々ちくちく・・・
[PR]

by lasoeur | 2011-04-12 23:59 | パッチワーク | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード